ShanShanの備忘録

中国生活4年目で日々思うこと

あやしい女

18才でカナダに行った時降り立った空港でいきなり黒人女性に呼び止められた。 初めての海外一人旅だった。 パスポートと申告書を片手に重いスーツケースをゴロゴロ転がしながら流れに沿って歩いていると空港職員に呼び止められ尋問が始まった。 あやしいと思…

断水の思い出

『朝起きてトイレに行き静かにため息をつく。 トイレの水を流そうとボタンを押すとカスっていう虚しい音で今日も断水であることを知る。もうかれこれ一か月半である。 あきらめに近い気持ちで冷静に受け止められるようになった。 一応ため息はついてはみるが…

年越しの準備

ここは日本に比べて暖かいところだけどそれでも朝晩は薄めのコートをひっかけるようになった。 日本から持ってきたモコモコバッグもようやく先々週から登場している。 日本からの荷物はほとんど食料で、荷造りは取捨選択でいつも格闘なのだけど、少しでも気…

代償

何かを得るには何かを犠牲にしなければならない。 物を得るためにお金を払う。お金を得るためには才能や労力、時間を払う。 最近違う種類の犠牲を意識するようになった。 中国人たちに馴染むため、ストレスなく暮らすために犠牲にしているものがある。 親か…

ボンドさんの勘

うちのボンドさん、なかなか面白いキャラである。 頭はいいのであるがEQが低い。しかし自分はできる女だと思っている。 わたしの見積もりでは彼女の8割は勘違いでできている。 しかし奇跡的な勘のよさを発揮することがたまにある。 彼女を見ていて誰かに似て…

距離感

中国人の距離感に戸惑うことがある。 まず道を歩いていると、よくぶつかる。別に狭い道を歩いている訳ではない。十分ゆとりをもって歩いているつもりだ。こちらが危険を感じ立ち止まっても向こうから突進してぶつかってくるのだ。 相手はぶつかって初めて驚…

バス運転手の小さな世界

わたしの移動手段は徒歩かバスだ。 仕事で出かけるのがわりと遠くが多いのでバスに乗ることが必然的に多くなる。 わたしはこのバスに乗る時間がけっこう好きだ。 後ろの方の席に座って、外の景色を眺めるのがなんとも言えないリラックスタイムなのだ。 中国…

ほぼほぼ

最近“ほぼほぼ”という言葉を聞くようになった。 わたしが知っている“ほぼほぼ”に相当する言葉は“ほぼ”だった気がする。 知らない間に“ほぼほぼ”になっていた。 なんで? 外国で暮らしていると日本の情報はヤフーニュースなどの文字によるものがほとんどだ。 …

中国のゴキブリ

これまた“中国の”と一括りにしていいのか分からないが、書きたくなったので書いてみる。 先ほど、トイレに行ったらゴキブリがあおむけになって動かなくなっていた。 あ、またか。とティッシュを手にして彼をゴミ箱へと送る。 ゴキブリは足が短いのであおむけ…

えっと・・

ブログを始めたのはいいのですが、使い方が分からない。 パソコンに向かってかれこれ一時間。 ブログめんどくさいぞ。

今日から

こっそりブログはじめます。 ここが息抜きの場所になればいいなぁと思います。 今のところ主な登場人物は、わたし、中国人同居人のボンドと花です。 いろいろあって彼女たちと一年間一緒に住んでいます。