ShanShanの備忘録

中国生活4年目で日々思うこと

久しぶりの再会

いやーひどいひどい。 ブログ書かなさすぎてログインできなかった。 パスワードと格闘してようやくこの場にたどり着きました。 久しぶりにブログの存在を思い出して書く気になったのに、書く力がもはや残っていない。 書こうと思っていたのは、世の中なんだ…

アナウンス

帰国して一か月が経とうとしている。 道で誰かとすれちがった時に聞こえる日本語に「あ、日本人!」と反応してしまうことも少なくなった。 先日、ひさしぶりに私鉄に乗った。 窓から見える日本の景色はまだまだ非日常でずっと見ていて飽きない。 そんな時に…

待つ

世の中にはいろんな人がいる。 それぞれがいろんな考え方を持っている中で、最近特に気に入っている考え方がある。 欧米人の友人たちを見ていて気付いたことである。 彼らとレストランで食事をした時の事、料理を注文する際当然席から店員さんを呼ばなければ…

ライター

帰国の際、十分時間の余裕をもって空港に到着したはずが飛行機に乗るのはギリギリだった。 チェックインカウンターはもうすでに長蛇の列。めずらしくほとんどが日本人だった。何かを待つという行為に結構慣れてしまっているわたしはなんの感情もなくそこに並…

視線

帰国しています。 久しぶりの日本はさぞかし楽しいだろうとワクワクしながら帰国したが仕事に追われて楽しむゆとりが全然ない。久しぶりにお気に入りのリプトンミルクティーを飲みながらブログを書くとする。 さて、帰国した時感じる違和感の一つは人と目が…

馬鹿者め

友人から頼まれて日本語教師のバイトを最近始めた。 友人の頼みだし、週一ペースでプラ~っと行くだけなのでまぁいいかと思って始めたのだが、気晴らしにもなるしなんだか興味深い。 たとえば日本語の成り立ちについて。教える側になって初めて考えてしまう…

チンピラ

しつこくバスの話題。 こちらの運転手は基本的に運転が荒い。 かなりの頻度でハラハラさせられているが、こういうハラハラ感にも少しずつ慣れては来ている。 しかし今日乗ったバスは違う意味でハラハラ体験であった。 割り込みが非常にヘタクソで、いつまで…

放置

バスに乗った。 わざわざ言わなくても毎日乗っている。いつもバスの話題。 昨日の記事にも書いたが至る所で工事がなされていて渋滞を引き起こしたり、めちゃめちゃ歩きにくかったりするのである。 しかし主要道路では警察官がしゃもじ型標識(昨日の記事ご参…

勝負

今、至る所で道路工事が行われている。 車道だけにとどまらず歩道にも“工事”という名の思い付き作業の魔の手が及ぶ。 昨晩はお好み焼きを友人の家でふるまうべくキャベツ三玉、長芋二本、牛乳一本、お好み焼き粉三袋、等々たくさんの荷物をキャリーケースに…

被り物

今日も雨が降ったり止んだりのどよんとした日であった。 本降りではなく、パラパラ雨なので傘をささない人も多い。 特に男性はさしていない人が多かった。 海外で生活していて不思議に思うことの一つは、余程の雨じゃないと傘をささない人が多いということで…

レモンティー

先週くらいから空気が春のにおいになり、風は生暖かくいいお天気が続いていた。花粉症のわたしは鼻をむずむずさせていたのだが、今日は雨が降り急に寒くなって慌てて冬のコートを引っ張り出してきた。 気温がグンと冷えて体もびっくりしているに違いない。 …

食器

家に無印風の食器がある。 シンプルでかわいいので一軍のレギュラー選手である。 中国の物にしたらめずらしくシンプルなデザインで、中国あるあるの、一見シンプルだがよく見たらダサいワンポイントが付いてしまっているということもない。 しかし、欠点ひと…

セコワザ

バスを待っている時、乗りたいバスが来たら、まず人がどれほど乗っているかを確認する。人が多いと見送るようにしている。座れないとしんどいから。 と、昨日もバスの中を覗いて座れそうな人数だったので乗った。前のドアから乗ってICカードをタッチする。そ…

雨対策

連日雨が降り続いている。 今日で何日目だろうか。履く靴がなくなってしまって困っている。 雨で水はけが悪い道路に水が川のように溜まっていてそこを歩かざるをえないので靴がボトボトになり、そして乾かない。 長靴を持って来ればよかったと去年もこの時期…

管理人

またまたトイレの話。 外トイレ利用率が高いことについて先日書いた。 わたしはすごくトイレが近いので職場や家付近のトイレ事情をいろいろと把握しているつもりである。 そして断水事件が頻繁に発生するおかげで家のトイレよりも外トイレにお世話になること…

炊飯器

ここ何日かちょっとした風邪をひいていた。 ずいぶん前から友人たちに指摘されていたのだが自覚するのが少し遅れてしまってバタンと倒れたもようである。 ウイルス性ではなく疲れかストレスが原因なので一日寝たら普通に動けるようになったのだが、味覚が戻…

プライバシー

先日インフルエンザにかかった友人もすっかり回復したようで本当によかった。ここ中国で病気になるのは日本で病気になるのとはわけが違う。 ここで病気になるのをわたしは極度に恐れている。大量の薬を持ってきているし、少しおかしいなと思ったらすぐに風邪…

筋肉痛の理由

なんか気が付いたら筋肉痛である。 何かしたかなぁと考えているが思い当たるものがない。 確かにバスに乗っていてふんばることも多いし座っていてもお尻が座席から離れてしまうことはしばしばである。 しかしそれが日常であるわたしの身体にとってそんなこと…

クラクション

中国に似合う形容詞、そのひとつは“うるさい”である。 急な爆竹の音に加えて車やらバスやらのクラクションが鳴り響いている。ほんでもってバイクの警報器やらなんやらが鳴っていてとにかくうるさい。 そりゃぁ中国人の声もあんなに大きくなるわなと納得する…

日常

旧正月何日目で日常に戻るのだろうか。そんなことを最近ずっと考えている。 いつもより人はいくらか少ないのかもしれないが、それでもやっぱり多く、そしてここは観光地でもあるので垢抜けた背の高い中国人旅行客がプラプラと歩いている。きっと北京とかチン…

あいつがまたやってきた2

さて、断水のつづき。 公園トイレから帰ってきてしばらくしてお風呂場からなにやら高い音が聞こえる。 まさか! 駆けつけるとちょっとだが水が出ている。蛇口を全開にして水の復活と同時に断水の終わりを知ることができるようにしていたのである。 同居人花…

あいつがまたやってきた

はぁ、あいつがまたやってきた。約一年ぶりに。 先日、断水の思い出について書いたばっかりなのに。思い出にしてはいけなかったらしい。 本日午後3時、なにげなくトイレに行った。水は流れたがなんとなく水流が元気がないようにも思えた。とくに気にしなかっ…

アイドルとマネージャー

正月6日目。 いい天気である。三が日を過ぎて通常運転に徐々に戻ってくるだろうというわたしの予想に反し全然戻らない。周りの小売店はずっとしまっているのにもかかわらず街には人があふれていて静けさはまるでない。バスはまずまずの人で座れないこともし…

外人は外国人

いつの間にか「外人」という言葉は使ってはいけない言葉に降格してしまったらしい。 先回日本に帰国していた時、友だちとその友人何名かとごはんを食べた。自然と中国での生活の話になった時、わたしは「外人」という言葉を口にしてしまったようである。 何…

旧正月2017

さて、今日で正月三が日が終了し、明日からちょっとずつ通常運転になっていくはずである。 今回の旧正月は仕事を少しやりつつ、普段ゆっくり会えない友達とごはんを食べたり遊んだり。あれだけ嫌がっていたパーティーもなんだかんだで楽しんでしまった自分に…

ホームレス

この街は国際都市と巷で謳われているだけあって割と民度が高い。 街並みもキレイだ。最近、「そういえば!」と気が付いたことなのだがこの街ではホームレスを見かけない。 以前住んでいた長沙ではこのホームレスがあふれていた。どこにいてもお金を要求され…

ボンドさんの危機管理

ひさびさ登場の同居人ボンドさん。わたしの前には毎日登場してくれているのですが、あんまり書くのも悪いかなぁと思い書いていませんでした。久々に登場させてみようかと思います。お題は上記のとおりです。特におもしろい話ではないのであしからず。 中国人…

野良犬

ここら辺だけなのかもしれないのだが野良犬のシルエットがおかしい。 そんなに多くないがたまに野良犬がふらふらと道を歩いている。 そのほとんどが胴が長くて足が短い。顔は大きい。でもミニチュアダックスフンドやチワワのような可愛さはない。なんともア…

シャワー

日本に帰ってびっくりすることがある。 シャワーの水圧である。 これは中国あるあるでもあるし、海外あるあるでもあるのかもしれないが、水圧が弱い。日本の家に帰ってシャワーを浴びると「こんなに出てくれるの?」と感動するのである。 今の家は20階だてマ…

うまらない隙間

人がもっているいろんな感情を喜怒哀楽ということばで表現することがある。 わたしの友人Y氏は哀がないのであるが、まあそれはいいとしよう。 先日友人と朝マックしながらどんな人がタイプかという話になった。はげ、ちび、デブの中でどれを我慢できるかとい…

エンターテイナーへの憧れ

まことにめんどくさい時期がやって来てしまった。 中国はまもなく旧正月に突入するので店がそろそろ閉まり始めている。 それに伴いみなさん仕事の休みに入る。 わたしも完全に休みにはならないが仕事は減る。 暇をもてあました友人たちが、主に外国人だがこ…

消防車

ついさっき、けたたましいサイレンが遠くから近づいてくるのが聞こえた。 何事かと思い窓から外を覗くと右方向から消防車がやってきた。 が、なにかがおかしい。 何に違和感を感じるのだろうと思ってしばらく見ていると、消防車の横を原付があっさり通り過ぎ…

インナーマッスル

またバスの話。 バスに乗っていて感心することその2。中国人たちのあの微動だにしない車内での姿勢である。運転も荒いし、道もボコボコなので、体が文字通り宙に浮くこともあるくらいなのだが、中国人たちはほとんど動かないのである。道なんてボコボコじゃ…

言語差別

今日も実のないことを書きます。 仕事関係の人とご飯を一緒に食べた。中国人だ。 コミュニケーションは基本は中国語。しかしわたしの中国語はグダグダなので分からない単語もちょくちょく出てくる。その度に彼女は嫌な顔もせず単語の説明をしてくれるのであ…

鳥インフルエンザ

友人がインフルエンザに感染したらしい。 そういえばつい最近、「この街でも鳥インフルエンザが流行しはじめているので注意しておくれ」というメールが政府から携帯に届いていた。となりの区では鳥類販売禁止になったと聞く。 わが区ではまだ販売されてはい…

腹式呼吸おじさん

最近の日本ではたぶんマナー違反だと思うことを今日も目撃した。バス車内での通話だ。しかも声が馬鹿でかい。 わたしはいつもバスの一番後ろに座って、みんなを観察するのが好きなのだが、今日も一番後ろの特等席を確保した。するとどこからともなくケイタイ…

中国思春期説

昨日いつもの道を歩いて帰っていたら、家の近くに見慣れない大きな建物が建っていた。 ん?こんな建物、前からあったっけ?と目を凝らして見たら自分の家だった。わたしが住んでいるマンションだった。一昨日まではなかった電飾が半日でマンション全体を覆い…

フェアなトイレ

日本のトイレは世界一と言われている。家のトイレももちろんそうだが公共施設のトイレがすばらしい。サービスエリア内のトイレなんか感動ものである。 数年前、刈谷サービスエリアにフラッと立ち寄った。トイレに何気なく入ったのであるが、入るところを間違…

道徳崩壊

中国でバスに乗るといろんな発見がある。 車内でよく見る光景の一つは、若者が進んでお年寄りや妊婦に席をゆずる姿である。ほんとうにすばらしいと思う。お年寄りがバスに乗り込んでくるとすっと立ち上がって「どうぞ座ってください」というのである。こども…

今日のひとコマ

信号待ちをしていました。 向かい側は少し坂になっていてゆるやかなカーブでした。 そのカーブの先からちいさな物体がものすごいスピードでこちらに向かってくるのが見えました。 一台の自転車でした。その後ろからは3台のバス。 その自転車はバスを先導して…

羞恥心

衝撃だった。 今日もバスに乗った。いつもの見慣れた景色。今日も順調に走っていた。ただ、道が工事中のせいでいつもより振動がすさまじく、頭を背もたれに乗せたら“脳みそが揺れる”という表現がたぶん正しいと思う。しかし衝撃だったのはそのことではない。…

白人VS白人

わたしが住んでいるマンションには欧米人と思われるキレイな女性が住んでいる。 脚がまっすぐ長くて髪はブロンド。絵にかいたようなザ・外国人だ。 夏はショートパンツにサングラスでとにかくキレイな人だ。 ところが、とても感じが悪い。たまにエレベーター…

危険予測

ホームシックがまだまだいつでも顔を出しそうな気配。 しかし気合を入れて今日も生き延びた。危険を予測しながら道を歩いて帰ってきた。 危険予測能力。日本人に特に欠如している能力ではないのかなと思う。 日本人と括ってはいけないのかもしれない。 少な…

ホームシック

ホームシックにかかってしまった。 人生三度目のホームシック。 一度目はカナダでだった。学校から帰ってきたらあるはずの玄関のドアが無くなっていて泥棒に入られたことに気づく。枕をかかえ友達の家に転がり込んだ夜だった。 二度目のホームシックは初めて…

幸せな機能

慣れとはこわいものである。 ここ中国でとても気に入っていたミルクティーがある。日本のようにジュースの種類は多くないしおいしくもない。でもそのミルクティーはミルク感が濃くて甘さもちょうどよくて毎日買って飲んでいた。 日本ではいつも紅茶花伝を買…

1月1日とは

嫌な予感がする。 隣の公園の広間に昨日から登場しているステージが見える。 そしてさっきからマイクテストのポポポ、タタタ等の耳障りな音や素人たちの歌声が聞こえる。 これはまさか元旦をカラオケ大会でお祝いする気ではないでしょうね。 吐きそうなくら…

祖母

この街に引っ越してきて一か月も経っていなかったある日、母から連絡が来た。おばあちゃんが亡くなったと。 日本はちょうど年末であわただしい時だった。わたしは中国にいて荷物の片づけとか新しい環境に慣れることなどやらなければいけないことがいっぱいで…

優先順位

先回、台風の爪痕について書いた。 今もいろんなところで台風の事を思い出させてくれる残骸を目にする。 たとえば目の前の道には今でも電線が垂れ下がっている。 上を見上げるとまっすぐ伸びている線から枝分かれして道路に垂れてしまっているのである。これ…

そうだ台風

そうだった。 二、三日前にふと外を見ると向いのマンションの屋根を歩いている人がいて、ついつい双眼鏡を手にしてしまったんだった。 なにやら長いロープを手に16階だてのとんがり屋根を、そこらへんの道を歩くように身ひとつでウロウロしていた。モサだな…

外側重視!

ロシア人の友人がいる。女優さんみたいでとてもかっこいい。彼女の夫が何の仕事をされているのかよく分からないが、彼女は最近仕事を見つけた。英語教師である。 彼女は英語が話せるが、ネイティブではないことは聴いたら分かる。外国人の話す英語だ。それで…